2017/8/12更新

「オープン・ラボラトリー」

ー 産学官連携を目指す“出前”研究室ー

大阪市立大学大学院工学研究科


 大阪市立大学大学院工学研究科は,産業界,社会との活発な交流を通して大学における基礎研究のさらなる発展を期するとともに,有機的な「産」・「学」・「官」のパートナーシップを築き,萌芽的,挑戦的な応用研究の開拓によって,大阪市を中心とする地域に密着した新しい産業の創生と育成,都市大阪の再生に積極的な役割を果たすことをめざして,「都市・環境」,「新エネルギー」,「ナノ領域マテリアル・バイオ」,「IT活用」などの重点研究部門についての最新の研究成果,これまで培ってきた基礎研究の成果を,“出前”研究室という形で広く社会に発信いたします。


第69〜72回テーマ:『大阪市立大学「いのちを守る都市づくり」』

 2015年3月1日に大阪市立大学は,全学的組織として「都市防災教育研究センター」を設立しました。当センターでは,東日本大震災の教訓を活かして災害死ゼロを目指した「いのちを守る都市づくり」のために,地域住民が自ら災害リスクを学習するためのツール開発、防災まち歩きや災害対応訓練プログラムの開発,防災環境改善の実践,災害時の医療,避難生活における健康管理,避難に必要な体力の増進プログラムの開発などに取り組んでいます。
 第69〜72回では,その研究活動の成果の一部として、都市防災教育、災害時生活、防災・減災技術を取り上げ,ご紹介します。

  第69回:都市防災教育(2017年2月6日)終了

  第70回:災害時のいのちを守る術(2017年4月21日)終了

  第71回:「大阪の防災・減災に向けた取り組み(1)(2017年7月10日)終了

  第72回:「大阪の防災・減災に向けた取り組み(2)(2017年10月23日)NEW


第73〜74回テーマ:『インフラ構造物を守るための診る・治す技術

 大阪のインフラ構造物の多くは高度経済成長期につくられており,今後老朽化の進行が懸念されます。インフラ構造物の安全性を確保するためには,老朽化の実態把握や劣化原因の究明と,それらの情報にもとづいた定期的な点検・保守が欠かせません。
 第73〜74回では,工学研究科で立ち上がったプロジェクト研究の中から,インフラ構造物の長寿命化にむけた技術的課題に取り組んでいるものについて,最新の研究成果を織り交ぜながら,プロジェクト研究における取り組みの一端を紹介します。

  第73回:微生物腐植を知る・診る・測る(2018年2月2日)予定

  第74回:インフラ構造物の診断と保守技術の新展開(2017年4月予定)予定

過去の"出前"研究室(既に終了しましたが,内容を見ることができます)

回数
開催日
メインテーマ
タイトル
第1回
03. 1.31
『サステイナブル都市づくり研究』 「大阪熱冷まし研究」
第2回
03. 3.14
「大阪水澄まし研究」
第3回
03. 5.30
「大阪サステイナブル・デザイン」
第4回
03. 7.11
『エネルギーテクノロジーの共創へ』 「エネルギーを活かす!」
第5回
03. 9. 5
「電気を貯める!」
第6回
03.11.28
『バイオインスパイアド・
          テクノロジー』
「生物を使う!まねる!」
第7回
04. 1.23
「生物・生命に挑む」
第8回
04. 4.23
『材料化学とナノテクノロジー』 「分子を素材とする材料クッキング」
第9回
04. 5.28
「分子のメガネでみる材料のかたちとはたらき」
第10回
04. 7. 2
『材料の「構造改革」から
         「知的」な材料へ』
「組織をよく観て極限性能に迫る」
第11回
04.10. 1
「もっと賢い複合材料に」
第12回
04.11.29
『感性と知性の情報処理』 「人間の目と機械の目」
第13回
05. 1.21
「ロボットに知性を」
第14回
05. 3.28
『自然災害に強い安全な都市づくり』 「地盤災害と水災害を防ぐ」
第15回
05. 5.25
「強地震が来ると橋はどうなるか」
第16回
05. 7.22
「風・地震と建築構造物」
第17回
05. 9.12
『エレクトロニクスのフロンティア
 を拓く』
「サイエンスが拓く未踏領域」
第18回
05.11.28
「光が拓く新世界」
第19回
06. 1.25
「やわらかエレクトロニクスの時代」
第20回
06. 4. 4
『未来社会のIT』 「光が拓くIT」
第21回
06. 5.23
「ネットワークが拓くIT」
第22回
06. 7.31
『やりくり大阪』 「環境都市大阪の実現に向けて」
第23回
06. 9.15
やりくり上手の秘訣は相互学習:上手な移動を考える
第24回
06.11.21
「オオサカ縮メ −コンパクトシティに向けて−」
第25回
07. 1.15
『明日を拓くロボットテクノロジー』 「未踏工学分野−ミクロ・ロボティックス」
第26回
07. 4. 4
「ロボット用視覚システムの開発と3次元ディスプレイの実現」
第27回
07. 5.15
「安全なロボットを実現する材料」
第28回
07. 7.23
『より良い生活を支えるマテリアル
 の開拓』
「環境に優しいマテリアル創製テクノロジー」
第29回
07. 9. 7
「エネルギーとバイオにおける次世代機能性材料」
第30回
07.11.12
「マテリアルの物性と計測の最前線」
第31回
08. 1.31
「ナノ構造金属材料研究の最新報告」
第32回
08. 3.17
『都市環境新生に関するコア技術』 「環境との調和のとれた都市内橋梁を目指して」
第33回
08. 5.19
「都市環境のシミュレーションと計画」
第34回
08. 7. 2
「都市のライフラインの更生」
第35回
08.10.2
『医療と製薬への工学的アプローチ』 「医薬を進歩させるバイオ工学」
第36回
08.12.2
「製薬分野への工学的アプローチ」
第37回
09. 1. 7
『エネルギー貯蔵・変換技術の研究最前線』
−脱化石燃料社会を目指して−
インサーション材料からなる12V“非鉛系”蓄電池
第38回
09.4.20
「燃料電池の開発および各種燃料電池を用いたマイクロ・
 コージェネレーションシステム」
第39回
09.8.18
『材料の“知的”機能とその応用』 環境浄化と材料
第40回
09.10.26
複合材料
第41回
10. 1. 8
欠陥を見つける・調べる・利用する
第42回
10. 4. 5
『画像処理と表示』 画像認識と処理技術
第43回
10.7.30
3次元画像表示技術
第44回
10.12.15
『大阪市立大学 複合先端研究』 「大阪平野の地盤・地下水環境」
第45回
11.1.12
「地下水の浄化と有効利用」
第46回
11.5.23
「空から降ってくる光と熱を大都市・大阪にどう活かす?」
第47回
11.7.11
「海と陸から見る臨海都市・大阪の生態系評価と環境対策」
第48回
11.9.28
「Solar to Fuels(太陽光からの燃料生成)拠点形成」
第49回
12.2.20
『工学研究科プロジェクト研究』 「オキサイド・マテリアルの新展開」
第50回
12.4.6
「ヒューマンインターフェースとロボティクスによる人間
機能の拡張」
第51回
12.7.23
「バイオインターフェース先端マテリアル」
第52回
12.11.13
「都市における未利用エネルギーの活用技術」
第53回
13. 1.11
「水辺の環境再生と資源の有効活用のための物質の回収・
追跡技術」
第54回
13. 4.26
「インフラ構造物の健全度診断技術と長寿命化技術の開発」
第55回
13. 7. 8
『都市に眠る未利用熱の発掘と活用』 「自然水系の活用」
第56回
13.10.25
「人口水系の活用」
第57回
14. 1.21
『材料・プロセスイノベーション』 「複雑材料の計測と加工」
第58回
14. 5. 1
「スマートプロセス技術が拓く材料イノベーション」
第59回
14. 7. 4
『スマートエネルギー技術開発』 「複雑熱流体を操る技術」
第60回
14.10.27
「都市問題とスマートエネルギー」
第61回
15. 1.23
『バイオ工学と材料化学の最先端』 「医薬を目指すバイオ技術の進歩」
第62回
15. 4.10
「材料化学の最先端」
第63回
15. 7. 6
『より快適で安全な建築空間を目指して』 「建築環境の快適性と省エネルギー」
第64回
15.10. 5
「あらためて建築物の安全性を考える」
第65回
16. 2. 4
『工学研究科プロジェクト研究II』 「エネルギー創出への総合的な取り組み」
第66回
16. 4.25
大気圧プラズマを用いたプロティン・セルテクノロジの新展開
第67回
16. 7.19
「表面ナノ制御・接合技術が拓く材料・プロセスイノベーション」
第68回
16.10.3
ロボットテクノロジーを応用した安全・安心な街づくり
第69回
17. 2.6
『大阪市立大学の「いのちを守る都市づくり」』 「都市防災教育」
第70回
17. 4.21
「災害時のいのちを守る術」
第71回
17. 7.10
「大阪の防災・減災に向けた取り組み(1)」